受験生が合格祈願に行く場合

受験をするからには、合格を目指さなくてはなりません、 無事に合格するためには、まずは苦手をなくして受験対策をしていく事です。
志望校の過去問題を解いていく事も勉強になるでしょう。
勉強をし続けることによって、少し自分に余裕が出来たのであれば、合格祈願に出向いてみるようにすることです。
受験生にとって合格祈願は気休めにもなりますし、気分転換にすることが出来るようになりますので、近隣で有名なところがあるのであれば、行ってみるといいでしょう。
そこで、合格祈願をする場合に気を付けておかなくてはならないのが、行った際に病気をもらって帰らないようにするという点です。
もしもインフルエンザなどをもらってしまうと、受験勉強にも影響が出てしまうことになりますので、気を付けなくてはなりません。
インフルエンザをもらう事なく合格祈願をすませたいのであれば、流行期を避けていくようにし、感染予防のマスクやうがい手洗いは欠かさないようにしましょう。

受験の合格祈願は天満宮が最適?

受験時の合格祈願でお馴染みなのは、学問の神様菅原道真公をお祭りする天満宮です。
特に九州の太宰府天満宮と京都の北野天満宮は道真公縁の地ということもあって合格祈願で有名です。
天満宮の他に受験に良いとされるのは知恵の神様である文殊菩薩をお祭りしているお寺ですが、怠け心が勉強の邪魔をするということなら、不動明王をお祭りする高野山や成田山もお勧めです。
受験の合格祈願の際は、お参りして「〇〇の学校に合格させて下さい、力をお貸しください」とお願いするのではなくて、「〇〇の学校に合格するために自分でも努力をするので、足りない所があったら教えて下さい」、あるいは「受験当日に力を発揮できるように見守って下さい」とお願いをした方が神様も力を貸してくれるそうです。
神頼みだけでは神様も力を貸し渋るようなので、ご自分のやるべきことをしっかりやった上で神様に力添えをお願いすると、実力以上の力を受験当日に発揮できて合格した、ということがあるようです。

check

資料作成 代行

最終更新日:2018/11/8

Copyright (C) 受験にそなえる All Rights Reserved.